夏の終わりにセフレとデート

夏の終わりにセフレとデート

このまま何もしないで夏が終わるのはあまりに寂しいという思いから出会い系サイトを使ってセフレを探すようになりました。
とにかく女の子とデートがしたかったのです。
そしてそんなことをしているうちについに女の子からのリプライがあり、SNSでやりとりできるようになり、デートの約束まですることができたのです。
彼女が遊園地に行きたいというのでそこでデートすることになり、待ち合わせをしました。

サイトで知り合ったセフレは20代前半くらいできれいな女の子だったのでテンションが上がりまくりました。
チケットは出してあげてデートを楽しむと彼女はとても喜んでくれて、広い遊園地は平日ということもあって静かであり、ベンチで話していると誰もいないことに気がつきました。
キスがしたくなってそっと口を近づけると、彼女もそれに応えてくれて、しかも舌を入れてきたのです。
そのまま濃厚なキスが長い時間続き、彼女も興奮してきました。
そしてついおっぱいを手をそえて揉むようになってしまいました。
怒られるかと思ったのですが、彼女は自分のもう一つを掴んでもう片方のおっぱいを揉むようにと誘導してきたのです。
その積極的な動きに興奮してしまい、そのうちに服の中にも手を入れて、ブラの下からおっぱいの乳首を触ると、彼女が気持ちのよいあえぎ声を出してきました。
さずがにこれ以上はできませんでしたが、その後でホテルにいき、セックスを何度も楽しむことができました。
サイトでセフレに出会い、夏の終わりによい思い出ができました。

 

サイトマップ